薬剤師の資格を取ったものの直接その資格で仕事をしたのは転職後

若い時の選択は間違ってなかった

理系のほうが仕事が多い? | 定年後の雇用も資格があるから強い | 若い時の選択は間違ってなかった | 再度薬剤師として働くべく転職した経験

そこでまた転職を考えていますが、薬剤師の資格があれば結構仕事先に困ることがないのです。
若い日に得意な文系に進んだほうが良かったのか、苦手な理系に進んで頑張ったかいがあったのか、それは確かにどちらとはいえないのかもしれません。
しかしこれからどちらの道に進もうかと考えている人に相談されたとしたら、やはり理系をすすめると思います。
この資格であれば何度も仕事を変わってもある程度の給料をもらえる立場にとどまることができるので、年金制度の不安定さもある時代としては結構なことだと考えるからです。
若い世代は私のときと違って、大学で学ぶ年数も増え覚えないなければならないことも多くなっています。
けれども資格は一度とってしまえば一生ものですから、絶対にそんなことはありません。
もっとも資格とはいっても何でも良いというわけではなく、中にはあってもなくても同じだということもあります。
でも私が目指して取った資格は、今でもたいへんに役にたっていますし将来的な補償ともなるに違いないものなのです。

薬剤師 転職薬剤師転職サイトの裏側教えます