薬剤師の資格を取ったものの直接その資格で仕事をしたのは転職後

理系のほうが仕事が多い?

理系のほうが仕事が多い? | 定年後の雇用も資格があるから強い | 若い時の選択は間違ってなかった | 再度薬剤師として働くべく転職した経験 | 薬剤師の転職のために利用したサイト

もともとは文系が得意だったものの理系でなければ将来的に仕事を得るのが難しいと考えて、国立大学の薬学部に進学しました。
薬剤師の資格を得るための国家試験はご存知の通り卒業後ですが、とりあえず一度の試験で合格することが出来ました。
しかしそのときは既に製薬会社に就職していていたものの、薬剤師の資格とは直接的には関係のない部署に配属されていたのです。
仕事に資格は関係なくても内容的には面白い点もありましたが、どちらかというと不得意な分野の部署だったり自分がそもそも薬学部へ進学した意図とは掛け離れた企業の考え方にはついていけず早期に転職しました。
さて私が元来志していたのは多くの人の役に立つ人間になることだったので、転職した先は薬剤師の知識を持って一人ひとりの人間を個人的に助ける職場ではありませんでした。
つまりどちらかといえば行政の立場に立って多くの人を一度に助けたいと考えたので、病院や調剤薬局などで働くことは考えなかったのです。
そうはいっても私が配属された職場は薬剤師の資格が必要だったり知識も役立つところでした。
そこで定年まで働けたのはやはり知識や資格の有無のさることながら、行政の中の一員として自分でできるだけのことをやり遂げようと考える気持ちがあったからだと思います。

薬剤師 転職薬剤師転職サイトの裏側教えます